--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Check

2010年05月18日 21:00

獅子は我が子を千尋の谷に突き落とし、這い上がってきたものだけを育てるといいます。
ちなみに、ここで言う「獅子」とはアフリカのサバンナに見られるライオンではなく、中国の神話に出てくる霊獣のことなので、ライオンにそんな習性はないなどと、いちゃもんをつけるのは誤りです。
獅子舞の獅子頭がライオンに似ていないのと同じことです。
本来「獅子」といえば、ぎょろりとした大きな目と大きな口で威嚇してくる獅子舞のあれなのです。


さて、ここはどこでしょう。



話しかけてクエストを受けるだけかと思いきや、いきなり知らないところに飛ばすなんて、リリンもひどいです。
幸い、あの灯台には見覚えがあります。
リス港の近くでしょうか。
とすると、あまり大きく移動したわけではなさそうです。
せっかくなので、少しリボンピグを倒していくことにしました。

出口がわからなくて、最後はヘネシスの帰還の書を使ったのは内緒です。
持っててよかった。



昨日のこぼれ話。
まるであっさり見つかったような書き方しましたが、本当は、相手を探すのが大変でした。




最初はもう一度トゥルーのところへ行って、待っていれば戻ってくるんじゃないかと思っていたんですけど、
近くにいるとは限らないし、もしかしたらもう落ちてしまったかもしれないので、探してみることになり。




帰還書を使ってスリーピーウッドへ飛び。
ところが、スリーピーのどの辺かがわからずにもたもたしているうちに、目の前で消えられ。
またサーチしたら、ポータルをくぐっただけらしいので、慌てて追いかけ。
ところが、こっちはまだLv.15になったばかりなので、エビルアイが邪魔でうまく進めず。
その間に相手はどんどん移動するので。
最後は仕方なく、ヘネシスの帰還書を使って、町中で待ち伏せ。

まだ最初にリリンにもらった薬を使っているので、エビルアイは正直死ぬかと思いました。




最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。